アディダスのダイエットスーツ「美デザインモデル」

女性に人気が高いダイエットに効果的なスーツがアディダスのサウナスーツ「美デザインモデル」。

シルエットにこだわったスッキリ感覚に仕上がっています。

もちろん3本ラインも健在です。

チョッとここで、アディダスの歴史を。

adidasの創設した人物は、アドルフ・ダスラーというドイツ人です。

ドイツといえば今回のワールドカップ、メッシ率いるアルゼンチンを破り、見事優勝を成し遂げましたね。

そのドイツ人であるカレは1900年、ドイツ中南部のヘルツォーゲンアウラッハのユダヤ系靴職人の息子として生まれました。

父親は靴職人だったので、ダスラーも当然のごとく靴職人を志しました。

そして、20歳になった1920年に、おにいさんのルドルフ・ダスラーとともに「ダスラー兄弟商会」を設立しましました。

ダスラー自身が陸上競技の選手だった経験から、スポーツ選手それぞれの足に合った靴の必要性を感じていました。 そしてこの機会に「ダスラー兄弟商会」でスポーツ専門靴の開発を始めたのです。

その先見性により、「ダスラー兄弟商会」の靴を履いたアスリート達が多くの大会で好成績を残し、あっという間に「ダスラー兄弟商会」の名は世界に広まったのです。

ところが順調に歩んでいた「ダスラー兄弟商会」に転機が訪れます。

1948年、兄ルドルフ・ダスラーと会社経営の方針に考えの違い生じ、分裂することになってしまいました。

この分裂を経て、アドルフが作ったものが、現在のアディダスなのです。

名前は、アドルフのニックネームであった、アディ、に名字であるダスラーを繋げたアディ・ダス(ラー)から命名されました。

三本ラインもこのとき立案されました。

独立後のadidasは飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を果たします。

ヘルシンキオリンピックで西ドイツの選手全員がadidasのシューズを使用、その後のオリンピックで圧倒的な支持を得ることが出来ました。

オリンピック以外でも、例のサッカーのワールドカップなどでも多くの選手に愛用されました。

特に西ドイツが優勝したワールドカップミュンヘン大会では選手全員がadidasを履きました。

その中でも皇帝ベッケンバウアーのadidas好きは有名ですね。

現在はフランス代表のスポンサーや、ジダン、ベッカムなどもadidasを愛用しています。

そんなアディダスのダイエットスーツ、女性に愛され続け人気を博しています。

人気の秘密はデザインだけではありません。

さすがスポーツ用品専用メーカーということで、スーツとしての機能性だって抜群です。

素材も特殊な機能素材ですし、今の若い子たちのライフスタイルに合わせ、ヘッドホンコードを通す専用の穴も付いているんです。

女子の皆さん、是非一度お試しになって下さい。

アディダスのサウナスーツ【美デザインモデル】の詳細・ご購入はコチラ!

サウナスーツ|人気のサウナスーツ!ベスト5はコレですのトップページへ